Guitarist playing music

Goings On

Today

Filters

Changing any of the form inputs will cause the list of events to refresh with the filtered results.

Samiro Yunoki & Alexander Kori Girard exhibition EAST MEETS WEST

企画展のコンセプトは「East Meets West」。 エースホテル京都のロビーや客室内のアート制作に深く関わった柚木沙弥郎氏。この秋100歳を迎えなお現役で活動する、染色家でありアーティストです。今回の展示は館内レストランのタイルデザインとファブリックパネルデザインをしたAlexander Kori Girard氏との、二人のアーティストによる企画展。柚木沙弥郎氏は60代の頃旅したサンタフェが、自分が作品を作る上でターニングポイントになったと語ります。それはアレキサンダー・ジラードのクラフトミュージアムを訪れた時に感じた「もっと自由でいいんだ!」という気づきでした。それから40年以上が経った今でも、まるで昨日のことのようにそう話す姿は、その瞬間がどれだけ本人にとって大切な瞬間だったかを教えてくれます。一方、アレキサンダー・コリ・ジラードはニューメキシコ州サンタフェで育ち、幼い頃から自宅近くの国際民芸博物館や日本から送られてくる品々を通して民芸品に触れ、惹かれていました。2006年に初めて日本を訪れ、その文化、特に民芸品に大きな影響を受けました。  お互いに異なる場所で繋がり、世代を超え大きな影響を与え合った二人がエースホテル京都という場所で、アートコンセプト「East Meets West」で出会います。柚木氏の作品に対して、まるでアートを介して文通をするように、Kori氏が作品を創作しました。 ロビーギャラリーでの企画展開催中に、二人のアーティストの作品をより身近に感じていただける宿泊プランもご用意致しました。 この機会に是非、二人のアーティストが織りなす空間と世界観を五感で楽しんでみては如何でしょうか。

Read more

Samiro Yunoki & Alexander Kori Girard exhibition EAST MEETS WEST

企画展のコンセプトは「East Meets West」。 エースホテル京都のロビーや客室内のアート制作に深く関わった柚木沙弥郎氏。この秋100歳を迎えなお現役で活動する、染色家でありアーティストです。今回の展示は館内レストランのタイルデザインとファブリックパネルデザインをしたAlexander Kori Girard氏との、二人のアーティストによる企画展。柚木沙弥郎氏は60代の頃旅したサンタフェが、自分が作品を作る上でターニングポイントになったと語ります。それはアレキサンダー・ジラードのクラフトミュージアムを訪れた時に感じた「もっと自由でいいんだ!」という気づきでした。それから40年以上が経った今でも、まるで昨日のことのようにそう話す姿は、その瞬間がどれだけ本人にとって大切な瞬間だったかを教えてくれます。一方、アレキサンダー・コリ・ジラードはニューメキシコ州サンタフェで育ち、幼い頃から自宅近くの国際民芸博物館や日本から送られてくる品々を通して民芸品に触れ、惹かれていました。2006年に初めて日本を訪れ、その文化、特に民芸品に大きな影響を受けました。  お互いに異なる場所で繋がり、世代を超え大きな影響を与え合った二人がエースホテル京都という場所で、アートコンセプト「East Meets West」で出会います。柚木氏の作品に対して、まるでアートを介して文通をするように、Kori氏が作品を創作しました。 ロビーギャラリーでの企画展開催中に、二人のアーティストの作品をより身近に感じていただける宿泊プランもご用意致しました。 この機会に是非、二人のアーティストが織りなす空間と世界観を五感で楽しんでみては如何でしょうか。

Read more

Afternoon tea

エースホテルブランドとしては京都のみで展開してる「アフタヌーンティー」。 9月10日からはアメリカの「秋の実り」をテーマにしたアフタヌーンティーを開催。秋のホリデーデザートに欠かせないピーカンナッツのプラリネがたっぷりのったタルト、パンプキンシードの食感とカスタードで飾られた揚げたてチュロス、キャンプの定番デザート自家製マシュマロとチョコレートをロゴ入りクッキーにはさんだスモア、大粒カシスと栗を練りこんだスコーンは、食感だけでなくマロンクリームの豊かな香りも楽しめます。欲張りな人にはチーズケーキブラウニー。一口で二度おいしい、彩りも楽しいデザートです。 もちろん、自家製ベーコンのBLTバーガー、カマンベールチーズ、いちじくとくるみのキッシュ、きのこと栗のパテを合わせたかぼちゃのパン、アボカドのエクレアなどセイボリーも秋の味覚でいっぱいです。 3階の屋上庭園を楽しみながらアメリカンカルチャーと旬のアフタヌーンティーをお楽しみください。 (Venue:3階プライベートイベントスペース)

Read more

Samiro Yunoki & Alexander Kori Girard exhibition EAST MEETS WEST

企画展のコンセプトは「East Meets West」。 エースホテル京都のロビーや客室内のアート制作に深く関わった柚木沙弥郎氏。この秋100歳を迎えなお現役で活動する、染色家でありアーティストです。今回の展示は館内レストランのタイルデザインとファブリックパネルデザインをしたAlexander Kori Girard氏との、二人のアーティストによる企画展。柚木沙弥郎氏は60代の頃旅したサンタフェが、自分が作品を作る上でターニングポイントになったと語ります。それはアレキサンダー・ジラードのクラフトミュージアムを訪れた時に感じた「もっと自由でいいんだ!」という気づきでした。それから40年以上が経った今でも、まるで昨日のことのようにそう話す姿は、その瞬間がどれだけ本人にとって大切な瞬間だったかを教えてくれます。一方、アレキサンダー・コリ・ジラードはニューメキシコ州サンタフェで育ち、幼い頃から自宅近くの国際民芸博物館や日本から送られてくる品々を通して民芸品に触れ、惹かれていました。2006年に初めて日本を訪れ、その文化、特に民芸品に大きな影響を受けました。  お互いに異なる場所で繋がり、世代を超え大きな影響を与え合った二人がエースホテル京都という場所で、アートコンセプト「East Meets West」で出会います。柚木氏の作品に対して、まるでアートを介して文通をするように、Kori氏が作品を創作しました。 ロビーギャラリーでの企画展開催中に、二人のアーティストの作品をより身近に感じていただける宿泊プランもご用意致しました。 この機会に是非、二人のアーティストが織りなす空間と世界観を五感で楽しんでみては如何でしょうか。

Read more

Afternoon tea

エースホテルブランドとしては京都のみで展開してる「アフタヌーンティー」。 9月10日からはアメリカの「秋の実り」をテーマにしたアフタヌーンティーを開催。秋のホリデーデザートに欠かせないピーカンナッツのプラリネがたっぷりのったタルト、パンプキンシードの食感とカスタードで飾られた揚げたてチュロス、キャンプの定番デザート自家製マシュマロとチョコレートをロゴ入りクッキーにはさんだスモア、大粒カシスと栗を練りこんだスコーンは、食感だけでなくマロンクリームの豊かな香りも楽しめます。欲張りな人にはチーズケーキブラウニー。一口で二度おいしい、彩りも楽しいデザートです。 もちろん、自家製ベーコンのBLTバーガー、カマンベールチーズ、いちじくとくるみのキッシュ、きのこと栗のパテを合わせたかぼちゃのパン、アボカドのエクレアなどセイボリーも秋の味覚でいっぱいです。 3階の屋上庭園を楽しみながらアメリカンカルチャーと旬のアフタヌーンティーをお楽しみください。 (Venue:3階プライベートイベントスペース)

Read more

Samiro Yunoki & Alexander Kori Girard exhibition EAST MEETS WEST

企画展のコンセプトは「East Meets West」。 エースホテル京都のロビーや客室内のアート制作に深く関わった柚木沙弥郎氏。この秋100歳を迎えなお現役で活動する、染色家でありアーティストです。今回の展示は館内レストランのタイルデザインとファブリックパネルデザインをしたAlexander Kori Girard氏との、二人のアーティストによる企画展。柚木沙弥郎氏は60代の頃旅したサンタフェが、自分が作品を作る上でターニングポイントになったと語ります。それはアレキサンダー・ジラードのクラフトミュージアムを訪れた時に感じた「もっと自由でいいんだ!」という気づきでした。それから40年以上が経った今でも、まるで昨日のことのようにそう話す姿は、その瞬間がどれだけ本人にとって大切な瞬間だったかを教えてくれます。一方、アレキサンダー・コリ・ジラードはニューメキシコ州サンタフェで育ち、幼い頃から自宅近くの国際民芸博物館や日本から送られてくる品々を通して民芸品に触れ、惹かれていました。2006年に初めて日本を訪れ、その文化、特に民芸品に大きな影響を受けました。  お互いに異なる場所で繋がり、世代を超え大きな影響を与え合った二人がエースホテル京都という場所で、アートコンセプト「East Meets West」で出会います。柚木氏の作品に対して、まるでアートを介して文通をするように、Kori氏が作品を創作しました。 ロビーギャラリーでの企画展開催中に、二人のアーティストの作品をより身近に感じていただける宿泊プランもご用意致しました。 この機会に是非、二人のアーティストが織りなす空間と世界観を五感で楽しんでみては如何でしょうか。

Read more

Afternoon tea

エースホテルブランドとしては京都のみで展開してる「アフタヌーンティー」。 9月10日からはアメリカの「秋の実り」をテーマにしたアフタヌーンティーを開催。秋のホリデーデザートに欠かせないピーカンナッツのプラリネがたっぷりのったタルト、パンプキンシードの食感とカスタードで飾られた揚げたてチュロス、キャンプの定番デザート自家製マシュマロとチョコレートをロゴ入りクッキーにはさんだスモア、大粒カシスと栗を練りこんだスコーンは、食感だけでなくマロンクリームの豊かな香りも楽しめます。欲張りな人にはチーズケーキブラウニー。一口で二度おいしい、彩りも楽しいデザートです。 もちろん、自家製ベーコンのBLTバーガー、カマンベールチーズ、いちじくとくるみのキッシュ、きのこと栗のパテを合わせたかぼちゃのパン、アボカドのエクレアなどセイボリーも秋の味覚でいっぱいです。 3階の屋上庭園を楽しみながらアメリカンカルチャーと旬のアフタヌーンティーをお楽しみください。 (Venue:3階プライベートイベントスペース)

Read more

Samiro Yunoki & Alexander Kori Girard exhibition EAST MEETS WEST

企画展のコンセプトは「East Meets West」。 エースホテル京都のロビーや客室内のアート制作に深く関わった柚木沙弥郎氏。この秋100歳を迎えなお現役で活動する、染色家でありアーティストです。今回の展示は館内レストランのタイルデザインとファブリックパネルデザインをしたAlexander Kori Girard氏との、二人のアーティストによる企画展。柚木沙弥郎氏は60代の頃旅したサンタフェが、自分が作品を作る上でターニングポイントになったと語ります。それはアレキサンダー・ジラードのクラフトミュージアムを訪れた時に感じた「もっと自由でいいんだ!」という気づきでした。それから40年以上が経った今でも、まるで昨日のことのようにそう話す姿は、その瞬間がどれだけ本人にとって大切な瞬間だったかを教えてくれます。一方、アレキサンダー・コリ・ジラードはニューメキシコ州サンタフェで育ち、幼い頃から自宅近くの国際民芸博物館や日本から送られてくる品々を通して民芸品に触れ、惹かれていました。2006年に初めて日本を訪れ、その文化、特に民芸品に大きな影響を受けました。  お互いに異なる場所で繋がり、世代を超え大きな影響を与え合った二人がエースホテル京都という場所で、アートコンセプト「East Meets West」で出会います。柚木氏の作品に対して、まるでアートを介して文通をするように、Kori氏が作品を創作しました。 ロビーギャラリーでの企画展開催中に、二人のアーティストの作品をより身近に感じていただける宿泊プランもご用意致しました。 この機会に是非、二人のアーティストが織りなす空間と世界観を五感で楽しんでみては如何でしょうか。

Read more

Samiro Yunoki & Alexander Kori Girard exhibition EAST MEETS WEST

企画展のコンセプトは「East Meets West」。 エースホテル京都のロビーや客室内のアート制作に深く関わった柚木沙弥郎氏。この秋100歳を迎えなお現役で活動する、染色家でありアーティストです。今回の展示は館内レストランのタイルデザインとファブリックパネルデザインをしたAlexander Kori Girard氏との、二人のアーティストによる企画展。柚木沙弥郎氏は60代の頃旅したサンタフェが、自分が作品を作る上でターニングポイントになったと語ります。それはアレキサンダー・ジラードのクラフトミュージアムを訪れた時に感じた「もっと自由でいいんだ!」という気づきでした。それから40年以上が経った今でも、まるで昨日のことのようにそう話す姿は、その瞬間がどれだけ本人にとって大切な瞬間だったかを教えてくれます。一方、アレキサンダー・コリ・ジラードはニューメキシコ州サンタフェで育ち、幼い頃から自宅近くの国際民芸博物館や日本から送られてくる品々を通して民芸品に触れ、惹かれていました。2006年に初めて日本を訪れ、その文化、特に民芸品に大きな影響を受けました。  お互いに異なる場所で繋がり、世代を超え大きな影響を与え合った二人がエースホテル京都という場所で、アートコンセプト「East Meets West」で出会います。柚木氏の作品に対して、まるでアートを介して文通をするように、Kori氏が作品を創作しました。 ロビーギャラリーでの企画展開催中に、二人のアーティストの作品をより身近に感じていただける宿泊プランもご用意致しました。 この機会に是非、二人のアーティストが織りなす空間と世界観を五感で楽しんでみては如何でしょうか。

Read more

Samiro Yunoki & Alexander Kori Girard exhibition EAST MEETS WEST

企画展のコンセプトは「East Meets West」。 エースホテル京都のロビーや客室内のアート制作に深く関わった柚木沙弥郎氏。この秋100歳を迎えなお現役で活動する、染色家でありアーティストです。今回の展示は館内レストランのタイルデザインとファブリックパネルデザインをしたAlexander Kori Girard氏との、二人のアーティストによる企画展。柚木沙弥郎氏は60代の頃旅したサンタフェが、自分が作品を作る上でターニングポイントになったと語ります。それはアレキサンダー・ジラードのクラフトミュージアムを訪れた時に感じた「もっと自由でいいんだ!」という気づきでした。それから40年以上が経った今でも、まるで昨日のことのようにそう話す姿は、その瞬間がどれだけ本人にとって大切な瞬間だったかを教えてくれます。一方、アレキサンダー・コリ・ジラードはニューメキシコ州サンタフェで育ち、幼い頃から自宅近くの国際民芸博物館や日本から送られてくる品々を通して民芸品に触れ、惹かれていました。2006年に初めて日本を訪れ、その文化、特に民芸品に大きな影響を受けました。  お互いに異なる場所で繋がり、世代を超え大きな影響を与え合った二人がエースホテル京都という場所で、アートコンセプト「East Meets West」で出会います。柚木氏の作品に対して、まるでアートを介して文通をするように、Kori氏が作品を創作しました。 ロビーギャラリーでの企画展開催中に、二人のアーティストの作品をより身近に感じていただける宿泊プランもご用意致しました。 この機会に是非、二人のアーティストが織りなす空間と世界観を五感で楽しんでみては如何でしょうか。

Read more

Samiro Yunoki & Alexander Kori Girard exhibition EAST MEETS WEST

企画展のコンセプトは「East Meets West」。 エースホテル京都のロビーや客室内のアート制作に深く関わった柚木沙弥郎氏。この秋100歳を迎えなお現役で活動する、染色家でありアーティストです。今回の展示は館内レストランのタイルデザインとファブリックパネルデザインをしたAlexander Kori Girard氏との、二人のアーティストによる企画展。柚木沙弥郎氏は60代の頃旅したサンタフェが、自分が作品を作る上でターニングポイントになったと語ります。それはアレキサンダー・ジラードのクラフトミュージアムを訪れた時に感じた「もっと自由でいいんだ!」という気づきでした。それから40年以上が経った今でも、まるで昨日のことのようにそう話す姿は、その瞬間がどれだけ本人にとって大切な瞬間だったかを教えてくれます。一方、アレキサンダー・コリ・ジラードはニューメキシコ州サンタフェで育ち、幼い頃から自宅近くの国際民芸博物館や日本から送られてくる品々を通して民芸品に触れ、惹かれていました。2006年に初めて日本を訪れ、その文化、特に民芸品に大きな影響を受けました。  お互いに異なる場所で繋がり、世代を超え大きな影響を与え合った二人がエースホテル京都という場所で、アートコンセプト「East Meets West」で出会います。柚木氏の作品に対して、まるでアートを介して文通をするように、Kori氏が作品を創作しました。 ロビーギャラリーでの企画展開催中に、二人のアーティストの作品をより身近に感じていただける宿泊プランもご用意致しました。 この機会に是非、二人のアーティストが織りなす空間と世界観を五感で楽しんでみては如何でしょうか。

Read more

Samiro Yunoki & Alexander Kori Girard exhibition EAST MEETS WEST

企画展のコンセプトは「East Meets West」。 エースホテル京都のロビーや客室内のアート制作に深く関わった柚木沙弥郎氏。この秋100歳を迎えなお現役で活動する、染色家でありアーティストです。今回の展示は館内レストランのタイルデザインとファブリックパネルデザインをしたAlexander Kori Girard氏との、二人のアーティストによる企画展。柚木沙弥郎氏は60代の頃旅したサンタフェが、自分が作品を作る上でターニングポイントになったと語ります。それはアレキサンダー・ジラードのクラフトミュージアムを訪れた時に感じた「もっと自由でいいんだ!」という気づきでした。それから40年以上が経った今でも、まるで昨日のことのようにそう話す姿は、その瞬間がどれだけ本人にとって大切な瞬間だったかを教えてくれます。一方、アレキサンダー・コリ・ジラードはニューメキシコ州サンタフェで育ち、幼い頃から自宅近くの国際民芸博物館や日本から送られてくる品々を通して民芸品に触れ、惹かれていました。2006年に初めて日本を訪れ、その文化、特に民芸品に大きな影響を受けました。  お互いに異なる場所で繋がり、世代を超え大きな影響を与え合った二人がエースホテル京都という場所で、アートコンセプト「East Meets West」で出会います。柚木氏の作品に対して、まるでアートを介して文通をするように、Kori氏が作品を創作しました。 ロビーギャラリーでの企画展開催中に、二人のアーティストの作品をより身近に感じていただける宿泊プランもご用意致しました。 この機会に是非、二人のアーティストが織りなす空間と世界観を五感で楽しんでみては如何でしょうか。

Read more

Afternoon tea

エースホテルブランドとしては京都のみで展開してる「アフタヌーンティー」。 9月10日からはアメリカの「秋の実り」をテーマにしたアフタヌーンティーを開催。秋のホリデーデザートに欠かせないピーカンナッツのプラリネがたっぷりのったタルト、パンプキンシードの食感とカスタードで飾られた揚げたてチュロス、キャンプの定番デザート自家製マシュマロとチョコレートをロゴ入りクッキーにはさんだスモア、大粒カシスと栗を練りこんだスコーンは、食感だけでなくマロンクリームの豊かな香りも楽しめます。欲張りな人にはチーズケーキブラウニー。一口で二度おいしい、彩りも楽しいデザートです。 もちろん、自家製ベーコンのBLTバーガー、カマンベールチーズ、いちじくとくるみのキッシュ、きのこと栗のパテを合わせたかぼちゃのパン、アボカドのエクレアなどセイボリーも秋の味覚でいっぱいです。 3階の屋上庭園を楽しみながらアメリカンカルチャーと旬のアフタヌーンティーをお楽しみください。 (Venue:3階プライベートイベントスペース)

Read more

Samiro Yunoki & Alexander Kori Girard exhibition EAST MEETS WEST

企画展のコンセプトは「East Meets West」。 エースホテル京都のロビーや客室内のアート制作に深く関わった柚木沙弥郎氏。この秋100歳を迎えなお現役で活動する、染色家でありアーティストです。今回の展示は館内レストランのタイルデザインとファブリックパネルデザインをしたAlexander Kori Girard氏との、二人のアーティストによる企画展。柚木沙弥郎氏は60代の頃旅したサンタフェが、自分が作品を作る上でターニングポイントになったと語ります。それはアレキサンダー・ジラードのクラフトミュージアムを訪れた時に感じた「もっと自由でいいんだ!」という気づきでした。それから40年以上が経った今でも、まるで昨日のことのようにそう話す姿は、その瞬間がどれだけ本人にとって大切な瞬間だったかを教えてくれます。一方、アレキサンダー・コリ・ジラードはニューメキシコ州サンタフェで育ち、幼い頃から自宅近くの国際民芸博物館や日本から送られてくる品々を通して民芸品に触れ、惹かれていました。2006年に初めて日本を訪れ、その文化、特に民芸品に大きな影響を受けました。  お互いに異なる場所で繋がり、世代を超え大きな影響を与え合った二人がエースホテル京都という場所で、アートコンセプト「East Meets West」で出会います。柚木氏の作品に対して、まるでアートを介して文通をするように、Kori氏が作品を創作しました。 ロビーギャラリーでの企画展開催中に、二人のアーティストの作品をより身近に感じていただける宿泊プランもご用意致しました。 この機会に是非、二人のアーティストが織りなす空間と世界観を五感で楽しんでみては如何でしょうか。

Read more

Afternoon tea

エースホテルブランドとしては京都のみで展開してる「アフタヌーンティー」。 9月10日からはアメリカの「秋の実り」をテーマにしたアフタヌーンティーを開催。秋のホリデーデザートに欠かせないピーカンナッツのプラリネがたっぷりのったタルト、パンプキンシードの食感とカスタードで飾られた揚げたてチュロス、キャンプの定番デザート自家製マシュマロとチョコレートをロゴ入りクッキーにはさんだスモア、大粒カシスと栗を練りこんだスコーンは、食感だけでなくマロンクリームの豊かな香りも楽しめます。欲張りな人にはチーズケーキブラウニー。一口で二度おいしい、彩りも楽しいデザートです。 もちろん、自家製ベーコンのBLTバーガー、カマンベールチーズ、いちじくとくるみのキッシュ、きのこと栗のパテを合わせたかぼちゃのパン、アボカドのエクレアなどセイボリーも秋の味覚でいっぱいです。 3階の屋上庭園を楽しみながらアメリカンカルチャーと旬のアフタヌーンティーをお楽しみください。 (Venue:3階プライベートイベントスペース)

Read more

Samiro Yunoki & Alexander Kori Girard exhibition EAST MEETS WEST

企画展のコンセプトは「East Meets West」。 エースホテル京都のロビーや客室内のアート制作に深く関わった柚木沙弥郎氏。この秋100歳を迎えなお現役で活動する、染色家でありアーティストです。今回の展示は館内レストランのタイルデザインとファブリックパネルデザインをしたAlexander Kori Girard氏との、二人のアーティストによる企画展。柚木沙弥郎氏は60代の頃旅したサンタフェが、自分が作品を作る上でターニングポイントになったと語ります。それはアレキサンダー・ジラードのクラフトミュージアムを訪れた時に感じた「もっと自由でいいんだ!」という気づきでした。それから40年以上が経った今でも、まるで昨日のことのようにそう話す姿は、その瞬間がどれだけ本人にとって大切な瞬間だったかを教えてくれます。一方、アレキサンダー・コリ・ジラードはニューメキシコ州サンタフェで育ち、幼い頃から自宅近くの国際民芸博物館や日本から送られてくる品々を通して民芸品に触れ、惹かれていました。2006年に初めて日本を訪れ、その文化、特に民芸品に大きな影響を受けました。  お互いに異なる場所で繋がり、世代を超え大きな影響を与え合った二人がエースホテル京都という場所で、アートコンセプト「East Meets West」で出会います。柚木氏の作品に対して、まるでアートを介して文通をするように、Kori氏が作品を創作しました。 ロビーギャラリーでの企画展開催中に、二人のアーティストの作品をより身近に感じていただける宿泊プランもご用意致しました。 この機会に是非、二人のアーティストが織りなす空間と世界観を五感で楽しんでみては如何でしょうか。

Read more

Samiro Yunoki & Alexander Kori Girard exhibition EAST MEETS WEST

企画展のコンセプトは「East Meets West」。 エースホテル京都のロビーや客室内のアート制作に深く関わった柚木沙弥郎氏。この秋100歳を迎えなお現役で活動する、染色家でありアーティストです。今回の展示は館内レストランのタイルデザインとファブリックパネルデザインをしたAlexander Kori Girard氏との、二人のアーティストによる企画展。柚木沙弥郎氏は60代の頃旅したサンタフェが、自分が作品を作る上でターニングポイントになったと語ります。それはアレキサンダー・ジラードのクラフトミュージアムを訪れた時に感じた「もっと自由でいいんだ!」という気づきでした。それから40年以上が経った今でも、まるで昨日のことのようにそう話す姿は、その瞬間がどれだけ本人にとって大切な瞬間だったかを教えてくれます。一方、アレキサンダー・コリ・ジラードはニューメキシコ州サンタフェで育ち、幼い頃から自宅近くの国際民芸博物館や日本から送られてくる品々を通して民芸品に触れ、惹かれていました。2006年に初めて日本を訪れ、その文化、特に民芸品に大きな影響を受けました。  お互いに異なる場所で繋がり、世代を超え大きな影響を与え合った二人がエースホテル京都という場所で、アートコンセプト「East Meets West」で出会います。柚木氏の作品に対して、まるでアートを介して文通をするように、Kori氏が作品を創作しました。 ロビーギャラリーでの企画展開催中に、二人のアーティストの作品をより身近に感じていただける宿泊プランもご用意致しました。 この機会に是非、二人のアーティストが織りなす空間と世界観を五感で楽しんでみては如何でしょうか。

Read more

Samiro Yunoki & Alexander Kori Girard exhibition EAST MEETS WEST

企画展のコンセプトは「East Meets West」。 エースホテル京都のロビーや客室内のアート制作に深く関わった柚木沙弥郎氏。この秋100歳を迎えなお現役で活動する、染色家でありアーティストです。今回の展示は館内レストランのタイルデザインとファブリックパネルデザインをしたAlexander Kori Girard氏との、二人のアーティストによる企画展。柚木沙弥郎氏は60代の頃旅したサンタフェが、自分が作品を作る上でターニングポイントになったと語ります。それはアレキサンダー・ジラードのクラフトミュージアムを訪れた時に感じた「もっと自由でいいんだ!」という気づきでした。それから40年以上が経った今でも、まるで昨日のことのようにそう話す姿は、その瞬間がどれだけ本人にとって大切な瞬間だったかを教えてくれます。一方、アレキサンダー・コリ・ジラードはニューメキシコ州サンタフェで育ち、幼い頃から自宅近くの国際民芸博物館や日本から送られてくる品々を通して民芸品に触れ、惹かれていました。2006年に初めて日本を訪れ、その文化、特に民芸品に大きな影響を受けました。  お互いに異なる場所で繋がり、世代を超え大きな影響を与え合った二人がエースホテル京都という場所で、アートコンセプト「East Meets West」で出会います。柚木氏の作品に対して、まるでアートを介して文通をするように、Kori氏が作品を創作しました。 ロビーギャラリーでの企画展開催中に、二人のアーティストの作品をより身近に感じていただける宿泊プランもご用意致しました。 この機会に是非、二人のアーティストが織りなす空間と世界観を五感で楽しんでみては如何でしょうか。

Read more

Samiro Yunoki & Alexander Kori Girard exhibition EAST MEETS WEST

企画展のコンセプトは「East Meets West」。 エースホテル京都のロビーや客室内のアート制作に深く関わった柚木沙弥郎氏。この秋100歳を迎えなお現役で活動する、染色家でありアーティストです。今回の展示は館内レストランのタイルデザインとファブリックパネルデザインをしたAlexander Kori Girard氏との、二人のアーティストによる企画展。柚木沙弥郎氏は60代の頃旅したサンタフェが、自分が作品を作る上でターニングポイントになったと語ります。それはアレキサンダー・ジラードのクラフトミュージアムを訪れた時に感じた「もっと自由でいいんだ!」という気づきでした。それから40年以上が経った今でも、まるで昨日のことのようにそう話す姿は、その瞬間がどれだけ本人にとって大切な瞬間だったかを教えてくれます。一方、アレキサンダー・コリ・ジラードはニューメキシコ州サンタフェで育ち、幼い頃から自宅近くの国際民芸博物館や日本から送られてくる品々を通して民芸品に触れ、惹かれていました。2006年に初めて日本を訪れ、その文化、特に民芸品に大きな影響を受けました。  お互いに異なる場所で繋がり、世代を超え大きな影響を与え合った二人がエースホテル京都という場所で、アートコンセプト「East Meets West」で出会います。柚木氏の作品に対して、まるでアートを介して文通をするように、Kori氏が作品を創作しました。 ロビーギャラリーでの企画展開催中に、二人のアーティストの作品をより身近に感じていただける宿泊プランもご用意致しました。 この機会に是非、二人のアーティストが織りなす空間と世界観を五感で楽しんでみては如何でしょうか。

Read more

Samiro Yunoki & Alexander Kori Girard exhibition EAST MEETS WEST

企画展のコンセプトは「East Meets West」。 エースホテル京都のロビーや客室内のアート制作に深く関わった柚木沙弥郎氏。この秋100歳を迎えなお現役で活動する、染色家でありアーティストです。今回の展示は館内レストランのタイルデザインとファブリックパネルデザインをしたAlexander Kori Girard氏との、二人のアーティストによる企画展。柚木沙弥郎氏は60代の頃旅したサンタフェが、自分が作品を作る上でターニングポイントになったと語ります。それはアレキサンダー・ジラードのクラフトミュージアムを訪れた時に感じた「もっと自由でいいんだ!」という気づきでした。それから40年以上が経った今でも、まるで昨日のことのようにそう話す姿は、その瞬間がどれだけ本人にとって大切な瞬間だったかを教えてくれます。一方、アレキサンダー・コリ・ジラードはニューメキシコ州サンタフェで育ち、幼い頃から自宅近くの国際民芸博物館や日本から送られてくる品々を通して民芸品に触れ、惹かれていました。2006年に初めて日本を訪れ、その文化、特に民芸品に大きな影響を受けました。  お互いに異なる場所で繋がり、世代を超え大きな影響を与え合った二人がエースホテル京都という場所で、アートコンセプト「East Meets West」で出会います。柚木氏の作品に対して、まるでアートを介して文通をするように、Kori氏が作品を創作しました。 ロビーギャラリーでの企画展開催中に、二人のアーティストの作品をより身近に感じていただける宿泊プランもご用意致しました。 この機会に是非、二人のアーティストが織りなす空間と世界観を五感で楽しんでみては如何でしょうか。

Read more

Samiro Yunoki & Alexander Kori Girard exhibition EAST MEETS WEST

企画展のコンセプトは「East Meets West」。 エースホテル京都のロビーや客室内のアート制作に深く関わった柚木沙弥郎氏。この秋100歳を迎えなお現役で活動する、染色家でありアーティストです。今回の展示は館内レストランのタイルデザインとファブリックパネルデザインをしたAlexander Kori Girard氏との、二人のアーティストによる企画展。柚木沙弥郎氏は60代の頃旅したサンタフェが、自分が作品を作る上でターニングポイントになったと語ります。それはアレキサンダー・ジラードのクラフトミュージアムを訪れた時に感じた「もっと自由でいいんだ!」という気づきでした。それから40年以上が経った今でも、まるで昨日のことのようにそう話す姿は、その瞬間がどれだけ本人にとって大切な瞬間だったかを教えてくれます。一方、アレキサンダー・コリ・ジラードはニューメキシコ州サンタフェで育ち、幼い頃から自宅近くの国際民芸博物館や日本から送られてくる品々を通して民芸品に触れ、惹かれていました。2006年に初めて日本を訪れ、その文化、特に民芸品に大きな影響を受けました。  お互いに異なる場所で繋がり、世代を超え大きな影響を与え合った二人がエースホテル京都という場所で、アートコンセプト「East Meets West」で出会います。柚木氏の作品に対して、まるでアートを介して文通をするように、Kori氏が作品を創作しました。 ロビーギャラリーでの企画展開催中に、二人のアーティストの作品をより身近に感じていただける宿泊プランもご用意致しました。 この機会に是非、二人のアーティストが織りなす空間と世界観を五感で楽しんでみては如何でしょうか。

Read more

Afternoon tea

エースホテルブランドとしては京都のみで展開してる「アフタヌーンティー」。 9月10日からはアメリカの「秋の実り」をテーマにしたアフタヌーンティーを開催。秋のホリデーデザートに欠かせないピーカンナッツのプラリネがたっぷりのったタルト、パンプキンシードの食感とカスタードで飾られた揚げたてチュロス、キャンプの定番デザート自家製マシュマロとチョコレートをロゴ入りクッキーにはさんだスモア、大粒カシスと栗を練りこんだスコーンは、食感だけでなくマロンクリームの豊かな香りも楽しめます。欲張りな人にはチーズケーキブラウニー。一口で二度おいしい、彩りも楽しいデザートです。 もちろん、自家製ベーコンのBLTバーガー、カマンベールチーズ、いちじくとくるみのキッシュ、きのこと栗のパテを合わせたかぼちゃのパン、アボカドのエクレアなどセイボリーも秋の味覚でいっぱいです。 3階の屋上庭園を楽しみながらアメリカンカルチャーと旬のアフタヌーンティーをお楽しみください。 (Venue:3階プライベートイベントスペース)

Read more

Samiro Yunoki & Alexander Kori Girard exhibition EAST MEETS WEST

企画展のコンセプトは「East Meets West」。 エースホテル京都のロビーや客室内のアート制作に深く関わった柚木沙弥郎氏。この秋100歳を迎えなお現役で活動する、染色家でありアーティストです。今回の展示は館内レストランのタイルデザインとファブリックパネルデザインをしたAlexander Kori Girard氏との、二人のアーティストによる企画展。柚木沙弥郎氏は60代の頃旅したサンタフェが、自分が作品を作る上でターニングポイントになったと語ります。それはアレキサンダー・ジラードのクラフトミュージアムを訪れた時に感じた「もっと自由でいいんだ!」という気づきでした。それから40年以上が経った今でも、まるで昨日のことのようにそう話す姿は、その瞬間がどれだけ本人にとって大切な瞬間だったかを教えてくれます。一方、アレキサンダー・コリ・ジラードはニューメキシコ州サンタフェで育ち、幼い頃から自宅近くの国際民芸博物館や日本から送られてくる品々を通して民芸品に触れ、惹かれていました。2006年に初めて日本を訪れ、その文化、特に民芸品に大きな影響を受けました。  お互いに異なる場所で繋がり、世代を超え大きな影響を与え合った二人がエースホテル京都という場所で、アートコンセプト「East Meets West」で出会います。柚木氏の作品に対して、まるでアートを介して文通をするように、Kori氏が作品を創作しました。 ロビーギャラリーでの企画展開催中に、二人のアーティストの作品をより身近に感じていただける宿泊プランもご用意致しました。 この機会に是非、二人のアーティストが織りなす空間と世界観を五感で楽しんでみては如何でしょうか。

Read more

Afternoon tea

エースホテルブランドとしては京都のみで展開してる「アフタヌーンティー」。 9月10日からはアメリカの「秋の実り」をテーマにしたアフタヌーンティーを開催。秋のホリデーデザートに欠かせないピーカンナッツのプラリネがたっぷりのったタルト、パンプキンシードの食感とカスタードで飾られた揚げたてチュロス、キャンプの定番デザート自家製マシュマロとチョコレートをロゴ入りクッキーにはさんだスモア、大粒カシスと栗を練りこんだスコーンは、食感だけでなくマロンクリームの豊かな香りも楽しめます。欲張りな人にはチーズケーキブラウニー。一口で二度おいしい、彩りも楽しいデザートです。 もちろん、自家製ベーコンのBLTバーガー、カマンベールチーズ、いちじくとくるみのキッシュ、きのこと栗のパテを合わせたかぼちゃのパン、アボカドのエクレアなどセイボリーも秋の味覚でいっぱいです。 3階の屋上庭園を楽しみながらアメリカンカルチャーと旬のアフタヌーンティーをお楽しみください。 (Venue:3階プライベートイベントスペース)

Read more

Samiro Yunoki & Alexander Kori Girard exhibition EAST MEETS WEST

企画展のコンセプトは「East Meets West」。 エースホテル京都のロビーや客室内のアート制作に深く関わった柚木沙弥郎氏。この秋100歳を迎えなお現役で活動する、染色家でありアーティストです。今回の展示は館内レストランのタイルデザインとファブリックパネルデザインをしたAlexander Kori Girard氏との、二人のアーティストによる企画展。柚木沙弥郎氏は60代の頃旅したサンタフェが、自分が作品を作る上でターニングポイントになったと語ります。それはアレキサンダー・ジラードのクラフトミュージアムを訪れた時に感じた「もっと自由でいいんだ!」という気づきでした。それから40年以上が経った今でも、まるで昨日のことのようにそう話す姿は、その瞬間がどれだけ本人にとって大切な瞬間だったかを教えてくれます。一方、アレキサンダー・コリ・ジラードはニューメキシコ州サンタフェで育ち、幼い頃から自宅近くの国際民芸博物館や日本から送られてくる品々を通して民芸品に触れ、惹かれていました。2006年に初めて日本を訪れ、その文化、特に民芸品に大きな影響を受けました。  お互いに異なる場所で繋がり、世代を超え大きな影響を与え合った二人がエースホテル京都という場所で、アートコンセプト「East Meets West」で出会います。柚木氏の作品に対して、まるでアートを介して文通をするように、Kori氏が作品を創作しました。 ロビーギャラリーでの企画展開催中に、二人のアーティストの作品をより身近に感じていただける宿泊プランもご用意致しました。 この機会に是非、二人のアーティストが織りなす空間と世界観を五感で楽しんでみては如何でしょうか。

Read more

Samiro Yunoki & Alexander Kori Girard exhibition EAST MEETS WEST

企画展のコンセプトは「East Meets West」。 エースホテル京都のロビーや客室内のアート制作に深く関わった柚木沙弥郎氏。この秋100歳を迎えなお現役で活動する、染色家でありアーティストです。今回の展示は館内レストランのタイルデザインとファブリックパネルデザインをしたAlexander Kori Girard氏との、二人のアーティストによる企画展。柚木沙弥郎氏は60代の頃旅したサンタフェが、自分が作品を作る上でターニングポイントになったと語ります。それはアレキサンダー・ジラードのクラフトミュージアムを訪れた時に感じた「もっと自由でいいんだ!」という気づきでした。それから40年以上が経った今でも、まるで昨日のことのようにそう話す姿は、その瞬間がどれだけ本人にとって大切な瞬間だったかを教えてくれます。一方、アレキサンダー・コリ・ジラードはニューメキシコ州サンタフェで育ち、幼い頃から自宅近くの国際民芸博物館や日本から送られてくる品々を通して民芸品に触れ、惹かれていました。2006年に初めて日本を訪れ、その文化、特に民芸品に大きな影響を受けました。  お互いに異なる場所で繋がり、世代を超え大きな影響を与え合った二人がエースホテル京都という場所で、アートコンセプト「East Meets West」で出会います。柚木氏の作品に対して、まるでアートを介して文通をするように、Kori氏が作品を創作しました。 ロビーギャラリーでの企画展開催中に、二人のアーティストの作品をより身近に感じていただける宿泊プランもご用意致しました。 この機会に是非、二人のアーティストが織りなす空間と世界観を五感で楽しんでみては如何でしょうか。

Read more

Samiro Yunoki & Alexander Kori Girard exhibition EAST MEETS WEST

企画展のコンセプトは「East Meets West」。 エースホテル京都のロビーや客室内のアート制作に深く関わった柚木沙弥郎氏。この秋100歳を迎えなお現役で活動する、染色家でありアーティストです。今回の展示は館内レストランのタイルデザインとファブリックパネルデザインをしたAlexander Kori Girard氏との、二人のアーティストによる企画展。柚木沙弥郎氏は60代の頃旅したサンタフェが、自分が作品を作る上でターニングポイントになったと語ります。それはアレキサンダー・ジラードのクラフトミュージアムを訪れた時に感じた「もっと自由でいいんだ!」という気づきでした。それから40年以上が経った今でも、まるで昨日のことのようにそう話す姿は、その瞬間がどれだけ本人にとって大切な瞬間だったかを教えてくれます。一方、アレキサンダー・コリ・ジラードはニューメキシコ州サンタフェで育ち、幼い頃から自宅近くの国際民芸博物館や日本から送られてくる品々を通して民芸品に触れ、惹かれていました。2006年に初めて日本を訪れ、その文化、特に民芸品に大きな影響を受けました。  お互いに異なる場所で繋がり、世代を超え大きな影響を与え合った二人がエースホテル京都という場所で、アートコンセプト「East Meets West」で出会います。柚木氏の作品に対して、まるでアートを介して文通をするように、Kori氏が作品を創作しました。 ロビーギャラリーでの企画展開催中に、二人のアーティストの作品をより身近に感じていただける宿泊プランもご用意致しました。 この機会に是非、二人のアーティストが織りなす空間と世界観を五感で楽しんでみては如何でしょうか。

Read more

Samiro Yunoki & Alexander Kori Girard exhibition EAST MEETS WEST

企画展のコンセプトは「East Meets West」。 エースホテル京都のロビーや客室内のアート制作に深く関わった柚木沙弥郎氏。この秋100歳を迎えなお現役で活動する、染色家でありアーティストです。今回の展示は館内レストランのタイルデザインとファブリックパネルデザインをしたAlexander Kori Girard氏との、二人のアーティストによる企画展。柚木沙弥郎氏は60代の頃旅したサンタフェが、自分が作品を作る上でターニングポイントになったと語ります。それはアレキサンダー・ジラードのクラフトミュージアムを訪れた時に感じた「もっと自由でいいんだ!」という気づきでした。それから40年以上が経った今でも、まるで昨日のことのようにそう話す姿は、その瞬間がどれだけ本人にとって大切な瞬間だったかを教えてくれます。一方、アレキサンダー・コリ・ジラードはニューメキシコ州サンタフェで育ち、幼い頃から自宅近くの国際民芸博物館や日本から送られてくる品々を通して民芸品に触れ、惹かれていました。2006年に初めて日本を訪れ、その文化、特に民芸品に大きな影響を受けました。  お互いに異なる場所で繋がり、世代を超え大きな影響を与え合った二人がエースホテル京都という場所で、アートコンセプト「East Meets West」で出会います。柚木氏の作品に対して、まるでアートを介して文通をするように、Kori氏が作品を創作しました。 ロビーギャラリーでの企画展開催中に、二人のアーティストの作品をより身近に感じていただける宿泊プランもご用意致しました。 この機会に是非、二人のアーティストが織りなす空間と世界観を五感で楽しんでみては如何でしょうか。

Read more

Samiro Yunoki & Alexander Kori Girard exhibition EAST MEETS WEST

企画展のコンセプトは「East Meets West」。 エースホテル京都のロビーや客室内のアート制作に深く関わった柚木沙弥郎氏。この秋100歳を迎えなお現役で活動する、染色家でありアーティストです。今回の展示は館内レストランのタイルデザインとファブリックパネルデザインをしたAlexander Kori Girard氏との、二人のアーティストによる企画展。柚木沙弥郎氏は60代の頃旅したサンタフェが、自分が作品を作る上でターニングポイントになったと語ります。それはアレキサンダー・ジラードのクラフトミュージアムを訪れた時に感じた「もっと自由でいいんだ!」という気づきでした。それから40年以上が経った今でも、まるで昨日のことのようにそう話す姿は、その瞬間がどれだけ本人にとって大切な瞬間だったかを教えてくれます。一方、アレキサンダー・コリ・ジラードはニューメキシコ州サンタフェで育ち、幼い頃から自宅近くの国際民芸博物館や日本から送られてくる品々を通して民芸品に触れ、惹かれていました。2006年に初めて日本を訪れ、その文化、特に民芸品に大きな影響を受けました。  お互いに異なる場所で繋がり、世代を超え大きな影響を与え合った二人がエースホテル京都という場所で、アートコンセプト「East Meets West」で出会います。柚木氏の作品に対して、まるでアートを介して文通をするように、Kori氏が作品を創作しました。 ロビーギャラリーでの企画展開催中に、二人のアーティストの作品をより身近に感じていただける宿泊プランもご用意致しました。 この機会に是非、二人のアーティストが織りなす空間と世界観を五感で楽しんでみては如何でしょうか。

Read more

Samiro Yunoki & Alexander Kori Girard exhibition EAST MEETS WEST

企画展のコンセプトは「East Meets West」。 エースホテル京都のロビーや客室内のアート制作に深く関わった柚木沙弥郎氏。この秋100歳を迎えなお現役で活動する、染色家でありアーティストです。今回の展示は館内レストランのタイルデザインとファブリックパネルデザインをしたAlexander Kori Girard氏との、二人のアーティストによる企画展。柚木沙弥郎氏は60代の頃旅したサンタフェが、自分が作品を作る上でターニングポイントになったと語ります。それはアレキサンダー・ジラードのクラフトミュージアムを訪れた時に感じた「もっと自由でいいんだ!」という気づきでした。それから40年以上が経った今でも、まるで昨日のことのようにそう話す姿は、その瞬間がどれだけ本人にとって大切な瞬間だったかを教えてくれます。一方、アレキサンダー・コリ・ジラードはニューメキシコ州サンタフェで育ち、幼い頃から自宅近くの国際民芸博物館や日本から送られてくる品々を通して民芸品に触れ、惹かれていました。2006年に初めて日本を訪れ、その文化、特に民芸品に大きな影響を受けました。  お互いに異なる場所で繋がり、世代を超え大きな影響を与え合った二人がエースホテル京都という場所で、アートコンセプト「East Meets West」で出会います。柚木氏の作品に対して、まるでアートを介して文通をするように、Kori氏が作品を創作しました。 ロビーギャラリーでの企画展開催中に、二人のアーティストの作品をより身近に感じていただける宿泊プランもご用意致しました。 この機会に是非、二人のアーティストが織りなす空間と世界観を五感で楽しんでみては如何でしょうか。

Read more

Afternoon tea

エースホテルブランドとしては京都のみで展開してる「アフタヌーンティー」。 9月10日からはアメリカの「秋の実り」をテーマにしたアフタヌーンティーを開催。秋のホリデーデザートに欠かせないピーカンナッツのプラリネがたっぷりのったタルト、パンプキンシードの食感とカスタードで飾られた揚げたてチュロス、キャンプの定番デザート自家製マシュマロとチョコレートをロゴ入りクッキーにはさんだスモア、大粒カシスと栗を練りこんだスコーンは、食感だけでなくマロンクリームの豊かな香りも楽しめます。欲張りな人にはチーズケーキブラウニー。一口で二度おいしい、彩りも楽しいデザートです。 もちろん、自家製ベーコンのBLTバーガー、カマンベールチーズ、いちじくとくるみのキッシュ、きのこと栗のパテを合わせたかぼちゃのパン、アボカドのエクレアなどセイボリーも秋の味覚でいっぱいです。 3階の屋上庭園を楽しみながらアメリカンカルチャーと旬のアフタヌーンティーをお楽しみください。 (Venue:3階プライベートイベントスペース)

Read more

CITY BOY LOUNGE MONTHLY RESIDENCY

日本大阪を拠点に City Boy Lounge は、ギャラリーやカフェ、クラブ、時には自然の中など転々としつつ DJ イベントを開催。パーティーサインであるネオンを掲げ、ハウスミュージックを中心に、誰もが気軽に足を運べるオープンな空間を演出。  

Read more

Samiro Yunoki & Alexander Kori Girard exhibition EAST MEETS WEST

企画展のコンセプトは「East Meets West」。 エースホテル京都のロビーや客室内のアート制作に深く関わった柚木沙弥郎氏。この秋100歳を迎えなお現役で活動する、染色家でありアーティストです。今回の展示は館内レストランのタイルデザインとファブリックパネルデザインをしたAlexander Kori Girard氏との、二人のアーティストによる企画展。柚木沙弥郎氏は60代の頃旅したサンタフェが、自分が作品を作る上でターニングポイントになったと語ります。それはアレキサンダー・ジラードのクラフトミュージアムを訪れた時に感じた「もっと自由でいいんだ!」という気づきでした。それから40年以上が経った今でも、まるで昨日のことのようにそう話す姿は、その瞬間がどれだけ本人にとって大切な瞬間だったかを教えてくれます。一方、アレキサンダー・コリ・ジラードはニューメキシコ州サンタフェで育ち、幼い頃から自宅近くの国際民芸博物館や日本から送られてくる品々を通して民芸品に触れ、惹かれていました。2006年に初めて日本を訪れ、その文化、特に民芸品に大きな影響を受けました。  お互いに異なる場所で繋がり、世代を超え大きな影響を与え合った二人がエースホテル京都という場所で、アートコンセプト「East Meets West」で出会います。柚木氏の作品に対して、まるでアートを介して文通をするように、Kori氏が作品を創作しました。 ロビーギャラリーでの企画展開催中に、二人のアーティストの作品をより身近に感じていただける宿泊プランもご用意致しました。 この機会に是非、二人のアーティストが織りなす空間と世界観を五感で楽しんでみては如何でしょうか。

Read more

Afternoon tea

エースホテルブランドとしては京都のみで展開してる「アフタヌーンティー」。 9月10日からはアメリカの「秋の実り」をテーマにしたアフタヌーンティーを開催。秋のホリデーデザートに欠かせないピーカンナッツのプラリネがたっぷりのったタルト、パンプキンシードの食感とカスタードで飾られた揚げたてチュロス、キャンプの定番デザート自家製マシュマロとチョコレートをロゴ入りクッキーにはさんだスモア、大粒カシスと栗を練りこんだスコーンは、食感だけでなくマロンクリームの豊かな香りも楽しめます。欲張りな人にはチーズケーキブラウニー。一口で二度おいしい、彩りも楽しいデザートです。 もちろん、自家製ベーコンのBLTバーガー、カマンベールチーズ、いちじくとくるみのキッシュ、きのこと栗のパテを合わせたかぼちゃのパン、アボカドのエクレアなどセイボリーも秋の味覚でいっぱいです。 3階の屋上庭園を楽しみながらアメリカンカルチャーと旬のアフタヌーンティーをお楽しみください。 (Venue:3階プライベートイベントスペース)

Read more

Samiro Yunoki & Alexander Kori Girard exhibition EAST MEETS WEST

企画展のコンセプトは「East Meets West」。 エースホテル京都のロビーや客室内のアート制作に深く関わった柚木沙弥郎氏。この秋100歳を迎えなお現役で活動する、染色家でありアーティストです。今回の展示は館内レストランのタイルデザインとファブリックパネルデザインをしたAlexander Kori Girard氏との、二人のアーティストによる企画展。柚木沙弥郎氏は60代の頃旅したサンタフェが、自分が作品を作る上でターニングポイントになったと語ります。それはアレキサンダー・ジラードのクラフトミュージアムを訪れた時に感じた「もっと自由でいいんだ!」という気づきでした。それから40年以上が経った今でも、まるで昨日のことのようにそう話す姿は、その瞬間がどれだけ本人にとって大切な瞬間だったかを教えてくれます。一方、アレキサンダー・コリ・ジラードはニューメキシコ州サンタフェで育ち、幼い頃から自宅近くの国際民芸博物館や日本から送られてくる品々を通して民芸品に触れ、惹かれていました。2006年に初めて日本を訪れ、その文化、特に民芸品に大きな影響を受けました。  お互いに異なる場所で繋がり、世代を超え大きな影響を与え合った二人がエースホテル京都という場所で、アートコンセプト「East Meets West」で出会います。柚木氏の作品に対して、まるでアートを介して文通をするように、Kori氏が作品を創作しました。 ロビーギャラリーでの企画展開催中に、二人のアーティストの作品をより身近に感じていただける宿泊プランもご用意致しました。 この機会に是非、二人のアーティストが織りなす空間と世界観を五感で楽しんでみては如何でしょうか。

Read more

The Day of the Dead

毎年恒例になったピオピコでの「死者の日」のイベント。 日本のお盆にあたるメキシコの死者の日のお祭りは、毎年10月末から11月上旬に行われます。 死者はガイコツになって今も別世界に生きているという考えがあり、11月1日の夜に子供たちの魂が、11月2日には大人の魂がこの世に戻ってくるとされています。生きている人々は、家やお店に美しい祭壇を作り、掃除と飾り付けをして死者を迎える準備をします。そして死者の日の当日は、ガイコツのフェイスペイントをして街を練り歩き、夜通しお墓を囲んで死者とともに楽しく過ごすお祭りです。エースホテル京都でも、新風館の中庭とピオピコで、10月31日から11月6日まで様々な催しを行います。詳しくは見どころカレンダーをチェック。

Read more

Altar viewing

メキシコの風習である「死者の日」。 死者はガイコツになって今も別世界に生きているという考えがあります。生きている人々は、家やお店に美しい祭壇を作り、掃除と飾り付けをして死者を迎える準備をします。祭壇を再現したディスプレイを新風館内でご覧いただけます。 (イメージ画像:2021年PIOPIKOにて)

Read more

Samiro Yunoki & Alexander Kori Girard exhibition EAST MEETS WEST

企画展のコンセプトは「East Meets West」。 エースホテル京都のロビーや客室内のアート制作に深く関わった柚木沙弥郎氏。この秋100歳を迎えなお現役で活動する、染色家でありアーティストです。今回の展示は館内レストランのタイルデザインとファブリックパネルデザインをしたAlexander Kori Girard氏との、二人のアーティストによる企画展。柚木沙弥郎氏は60代の頃旅したサンタフェが、自分が作品を作る上でターニングポイントになったと語ります。それはアレキサンダー・ジラードのクラフトミュージアムを訪れた時に感じた「もっと自由でいいんだ!」という気づきでした。それから40年以上が経った今でも、まるで昨日のことのようにそう話す姿は、その瞬間がどれだけ本人にとって大切な瞬間だったかを教えてくれます。一方、アレキサンダー・コリ・ジラードはニューメキシコ州サンタフェで育ち、幼い頃から自宅近くの国際民芸博物館や日本から送られてくる品々を通して民芸品に触れ、惹かれていました。2006年に初めて日本を訪れ、その文化、特に民芸品に大きな影響を受けました。  お互いに異なる場所で繋がり、世代を超え大きな影響を与え合った二人がエースホテル京都という場所で、アートコンセプト「East Meets West」で出会います。柚木氏の作品に対して、まるでアートを介して文通をするように、Kori氏が作品を創作しました。 ロビーギャラリーでの企画展開催中に、二人のアーティストの作品をより身近に感じていただける宿泊プランもご用意致しました。 この機会に是非、二人のアーティストが織りなす空間と世界観を五感で楽しんでみては如何でしょうか。

Read more

The Day of the Dead

毎年恒例になったピオピコでの「死者の日」のイベント。 日本のお盆にあたるメキシコの死者の日のお祭りは、毎年10月末から11月上旬に行われます。 死者はガイコツになって今も別世界に生きているという考えがあり、11月1日の夜に子供たちの魂が、11月2日には大人の魂がこの世に戻ってくるとされています。生きている人々は、家やお店に美しい祭壇を作り、掃除と飾り付けをして死者を迎える準備をします。そして死者の日の当日は、ガイコツのフェイスペイントをして街を練り歩き、夜通しお墓を囲んで死者とともに楽しく過ごすお祭りです。エースホテル京都でも、新風館の中庭とピオピコで、10月31日から11月6日まで様々な催しを行います。詳しくは見どころカレンダーをチェック。

Read more

Altar viewing

メキシコの風習である「死者の日」。 死者はガイコツになって今も別世界に生きているという考えがあります。生きている人々は、家やお店に美しい祭壇を作り、掃除と飾り付けをして死者を迎える準備をします。祭壇を再現したディスプレイを新風館内でご覧いただけます。 (イメージ画像:2021年PIOPIKOにて)

Read more

Samiro Yunoki & Alexander Kori Girard exhibition EAST MEETS WEST

企画展のコンセプトは「East Meets West」。 エースホテル京都のロビーや客室内のアート制作に深く関わった柚木沙弥郎氏。この秋100歳を迎えなお現役で活動する、染色家でありアーティストです。今回の展示は館内レストランのタイルデザインとファブリックパネルデザインをしたAlexander Kori Girard氏との、二人のアーティストによる企画展。柚木沙弥郎氏は60代の頃旅したサンタフェが、自分が作品を作る上でターニングポイントになったと語ります。それはアレキサンダー・ジラードのクラフトミュージアムを訪れた時に感じた「もっと自由でいいんだ!」という気づきでした。それから40年以上が経った今でも、まるで昨日のことのようにそう話す姿は、その瞬間がどれだけ本人にとって大切な瞬間だったかを教えてくれます。一方、アレキサンダー・コリ・ジラードはニューメキシコ州サンタフェで育ち、幼い頃から自宅近くの国際民芸博物館や日本から送られてくる品々を通して民芸品に触れ、惹かれていました。2006年に初めて日本を訪れ、その文化、特に民芸品に大きな影響を受けました。  お互いに異なる場所で繋がり、世代を超え大きな影響を与え合った二人がエースホテル京都という場所で、アートコンセプト「East Meets West」で出会います。柚木氏の作品に対して、まるでアートを介して文通をするように、Kori氏が作品を創作しました。 ロビーギャラリーでの企画展開催中に、二人のアーティストの作品をより身近に感じていただける宿泊プランもご用意致しました。 この機会に是非、二人のアーティストが織りなす空間と世界観を五感で楽しんでみては如何でしょうか。

Read more

The Day of the Dead

毎年恒例になったピオピコでの「死者の日」のイベント。 日本のお盆にあたるメキシコの死者の日のお祭りは、毎年10月末から11月上旬に行われます。 死者はガイコツになって今も別世界に生きているという考えがあり、11月1日の夜に子供たちの魂が、11月2日には大人の魂がこの世に戻ってくるとされています。生きている人々は、家やお店に美しい祭壇を作り、掃除と飾り付けをして死者を迎える準備をします。そして死者の日の当日は、ガイコツのフェイスペイントをして街を練り歩き、夜通しお墓を囲んで死者とともに楽しく過ごすお祭りです。エースホテル京都でも、新風館の中庭とピオピコで、10月31日から11月6日まで様々な催しを行います。詳しくは見どころカレンダーをチェック。

Read more

Altar viewing

メキシコの風習である「死者の日」。 死者はガイコツになって今も別世界に生きているという考えがあります。生きている人々は、家やお店に美しい祭壇を作り、掃除と飾り付けをして死者を迎える準備をします。祭壇を再現したディスプレイを新風館内でご覧いただけます。 (イメージ画像:2021年PIOPIKOにて)

Read more

Samiro Yunoki & Alexander Kori Girard exhibition EAST MEETS WEST

企画展のコンセプトは「East Meets West」。 エースホテル京都のロビーや客室内のアート制作に深く関わった柚木沙弥郎氏。この秋100歳を迎えなお現役で活動する、染色家でありアーティストです。今回の展示は館内レストランのタイルデザインとファブリックパネルデザインをしたAlexander Kori Girard氏との、二人のアーティストによる企画展。柚木沙弥郎氏は60代の頃旅したサンタフェが、自分が作品を作る上でターニングポイントになったと語ります。それはアレキサンダー・ジラードのクラフトミュージアムを訪れた時に感じた「もっと自由でいいんだ!」という気づきでした。それから40年以上が経った今でも、まるで昨日のことのようにそう話す姿は、その瞬間がどれだけ本人にとって大切な瞬間だったかを教えてくれます。一方、アレキサンダー・コリ・ジラードはニューメキシコ州サンタフェで育ち、幼い頃から自宅近くの国際民芸博物館や日本から送られてくる品々を通して民芸品に触れ、惹かれていました。2006年に初めて日本を訪れ、その文化、特に民芸品に大きな影響を受けました。  お互いに異なる場所で繋がり、世代を超え大きな影響を与え合った二人がエースホテル京都という場所で、アートコンセプト「East Meets West」で出会います。柚木氏の作品に対して、まるでアートを介して文通をするように、Kori氏が作品を創作しました。 ロビーギャラリーでの企画展開催中に、二人のアーティストの作品をより身近に感じていただける宿泊プランもご用意致しました。 この機会に是非、二人のアーティストが織りなす空間と世界観を五感で楽しんでみては如何でしょうか。

Read more

The Day of the Dead

毎年恒例になったピオピコでの「死者の日」のイベント。 日本のお盆にあたるメキシコの死者の日のお祭りは、毎年10月末から11月上旬に行われます。 死者はガイコツになって今も別世界に生きているという考えがあり、11月1日の夜に子供たちの魂が、11月2日には大人の魂がこの世に戻ってくるとされています。生きている人々は、家やお店に美しい祭壇を作り、掃除と飾り付けをして死者を迎える準備をします。そして死者の日の当日は、ガイコツのフェイスペイントをして街を練り歩き、夜通しお墓を囲んで死者とともに楽しく過ごすお祭りです。エースホテル京都でも、新風館の中庭とピオピコで、10月31日から11月6日まで様々な催しを行います。詳しくは見どころカレンダーをチェック。

Read more

Altar viewing

メキシコの風習である「死者の日」。 死者はガイコツになって今も別世界に生きているという考えがあります。生きている人々は、家やお店に美しい祭壇を作り、掃除と飾り付けをして死者を迎える準備をします。祭壇を再現したディスプレイを新風館内でご覧いただけます。 (イメージ画像:2021年PIOPIKOにて)

Read more

Afternoon tea

エースホテルブランドとしては京都のみで展開してる「アフタヌーンティー」。 9月10日からはアメリカの「秋の実り」をテーマにしたアフタヌーンティーを開催。秋のホリデーデザートに欠かせないピーカンナッツのプラリネがたっぷりのったタルト、パンプキンシードの食感とカスタードで飾られた揚げたてチュロス、キャンプの定番デザート自家製マシュマロとチョコレートをロゴ入りクッキーにはさんだスモア、大粒カシスと栗を練りこんだスコーンは、食感だけでなくマロンクリームの豊かな香りも楽しめます。欲張りな人にはチーズケーキブラウニー。一口で二度おいしい、彩りも楽しいデザートです。 もちろん、自家製ベーコンのBLTバーガー、カマンベールチーズ、いちじくとくるみのキッシュ、きのこと栗のパテを合わせたかぼちゃのパン、アボカドのエクレアなどセイボリーも秋の味覚でいっぱいです。 3階の屋上庭園を楽しみながらアメリカンカルチャーと旬のアフタヌーンティーをお楽しみください。 (Venue:3階プライベートイベントスペース)

Read more

Samiro Yunoki & Alexander Kori Girard exhibition EAST MEETS WEST

企画展のコンセプトは「East Meets West」。 エースホテル京都のロビーや客室内のアート制作に深く関わった柚木沙弥郎氏。この秋100歳を迎えなお現役で活動する、染色家でありアーティストです。今回の展示は館内レストランのタイルデザインとファブリックパネルデザインをしたAlexander Kori Girard氏との、二人のアーティストによる企画展。柚木沙弥郎氏は60代の頃旅したサンタフェが、自分が作品を作る上でターニングポイントになったと語ります。それはアレキサンダー・ジラードのクラフトミュージアムを訪れた時に感じた「もっと自由でいいんだ!」という気づきでした。それから40年以上が経った今でも、まるで昨日のことのようにそう話す姿は、その瞬間がどれだけ本人にとって大切な瞬間だったかを教えてくれます。一方、アレキサンダー・コリ・ジラードはニューメキシコ州サンタフェで育ち、幼い頃から自宅近くの国際民芸博物館や日本から送られてくる品々を通して民芸品に触れ、惹かれていました。2006年に初めて日本を訪れ、その文化、特に民芸品に大きな影響を受けました。  お互いに異なる場所で繋がり、世代を超え大きな影響を与え合った二人がエースホテル京都という場所で、アートコンセプト「East Meets West」で出会います。柚木氏の作品に対して、まるでアートを介して文通をするように、Kori氏が作品を創作しました。 ロビーギャラリーでの企画展開催中に、二人のアーティストの作品をより身近に感じていただける宿泊プランもご用意致しました。 この機会に是非、二人のアーティストが織りなす空間と世界観を五感で楽しんでみては如何でしょうか。

Read more

The Day of the Dead

毎年恒例になったピオピコでの「死者の日」のイベント。 日本のお盆にあたるメキシコの死者の日のお祭りは、毎年10月末から11月上旬に行われます。 死者はガイコツになって今も別世界に生きているという考えがあり、11月1日の夜に子供たちの魂が、11月2日には大人の魂がこの世に戻ってくるとされています。生きている人々は、家やお店に美しい祭壇を作り、掃除と飾り付けをして死者を迎える準備をします。そして死者の日の当日は、ガイコツのフェイスペイントをして街を練り歩き、夜通しお墓を囲んで死者とともに楽しく過ごすお祭りです。エースホテル京都でも、新風館の中庭とピオピコで、10月31日から11月6日まで様々な催しを行います。詳しくは見どころカレンダーをチェック。

Read more

Altar viewing

メキシコの風習である「死者の日」。 死者はガイコツになって今も別世界に生きているという考えがあります。生きている人々は、家やお店に美しい祭壇を作り、掃除と飾り付けをして死者を迎える準備をします。祭壇を再現したディスプレイを新風館内でご覧いただけます。 (イメージ画像:2021年PIOPIKOにて)

Read more

Samiro Yunoki & Alexander Kori Girard exhibition EAST MEETS WEST

企画展のコンセプトは「East Meets West」。 エースホテル京都のロビーや客室内のアート制作に深く関わった柚木沙弥郎氏。この秋100歳を迎えなお現役で活動する、染色家でありアーティストです。今回の展示は館内レストランのタイルデザインとファブリックパネルデザインをしたAlexander Kori Girard氏との、二人のアーティストによる企画展。柚木沙弥郎氏は60代の頃旅したサンタフェが、自分が作品を作る上でターニングポイントになったと語ります。それはアレキサンダー・ジラードのクラフトミュージアムを訪れた時に感じた「もっと自由でいいんだ!」という気づきでした。それから40年以上が経った今でも、まるで昨日のことのようにそう話す姿は、その瞬間がどれだけ本人にとって大切な瞬間だったかを教えてくれます。一方、アレキサンダー・コリ・ジラードはニューメキシコ州サンタフェで育ち、幼い頃から自宅近くの国際民芸博物館や日本から送られてくる品々を通して民芸品に触れ、惹かれていました。2006年に初めて日本を訪れ、その文化、特に民芸品に大きな影響を受けました。  お互いに異なる場所で繋がり、世代を超え大きな影響を与え合った二人がエースホテル京都という場所で、アートコンセプト「East Meets West」で出会います。柚木氏の作品に対して、まるでアートを介して文通をするように、Kori氏が作品を創作しました。 ロビーギャラリーでの企画展開催中に、二人のアーティストの作品をより身近に感じていただける宿泊プランもご用意致しました。 この機会に是非、二人のアーティストが織りなす空間と世界観を五感で楽しんでみては如何でしょうか。

Read more

The Day of the Dead

毎年恒例になったピオピコでの「死者の日」のイベント。 日本のお盆にあたるメキシコの死者の日のお祭りは、毎年10月末から11月上旬に行われます。 死者はガイコツになって今も別世界に生きているという考えがあり、11月1日の夜に子供たちの魂が、11月2日には大人の魂がこの世に戻ってくるとされています。生きている人々は、家やお店に美しい祭壇を作り、掃除と飾り付けをして死者を迎える準備をします。そして死者の日の当日は、ガイコツのフェイスペイントをして街を練り歩き、夜通しお墓を囲んで死者とともに楽しく過ごすお祭りです。エースホテル京都でも、新風館の中庭とピオピコで、10月31日から11月6日まで様々な催しを行います。詳しくは見どころカレンダーをチェック。

Read more

Altar viewing

メキシコの風習である「死者の日」。 死者はガイコツになって今も別世界に生きているという考えがあります。生きている人々は、家やお店に美しい祭壇を作り、掃除と飾り付けをして死者を迎える準備をします。祭壇を再現したディスプレイを新風館内でご覧いただけます。 (イメージ画像:2021年PIOPIKOにて)

Read more

Afternoon tea

エースホテルブランドとしては京都のみで展開してる「アフタヌーンティー」。 9月10日からはアメリカの「秋の実り」をテーマにしたアフタヌーンティーを開催。秋のホリデーデザートに欠かせないピーカンナッツのプラリネがたっぷりのったタルト、パンプキンシードの食感とカスタードで飾られた揚げたてチュロス、キャンプの定番デザート自家製マシュマロとチョコレートをロゴ入りクッキーにはさんだスモア、大粒カシスと栗を練りこんだスコーンは、食感だけでなくマロンクリームの豊かな香りも楽しめます。欲張りな人にはチーズケーキブラウニー。一口で二度おいしい、彩りも楽しいデザートです。 もちろん、自家製ベーコンのBLTバーガー、カマンベールチーズ、いちじくとくるみのキッシュ、きのこと栗のパテを合わせたかぼちゃのパン、アボカドのエクレアなどセイボリーも秋の味覚でいっぱいです。 3階の屋上庭園を楽しみながらアメリカンカルチャーと旬のアフタヌーンティーをお楽しみください。 (Venue:3階プライベートイベントスペース)

Read more